臭いセンサーによる臭気の測定         2011年4月28日

正露丸を使ってルミエキューブの消臭効果を測定する実験を行いました。
測定機器には新コスモス電機のXP-329?Rを用い、測定するための装置としてガラス瓶を2本用いました



1.まず一方のガラス瓶に1セット分のルミエキューブ(16Pcs)を入れ、両方の瓶に正露丸1粒づつを投入します。



2.そしてそのまま10分ほど、臭い成分が揮発してくるのを待ちます。



3.待っている間に臭いセンサーの準備をします。
  まず、電源を入れてセンサーのウォーミングアップです。



4.センサーの浄化も終わり、ゼロレベル設定の準備が出来ました。



5.ゼロレベル設定を行い、ここから実際に臭気測定開始です。



6.室内の空気そのものをサンプリングしたところ、すでにある程度の臭気成分が検出されました。



7.最初に正露丸のみの瓶で測定すると、600を超える高い臭気が検出され、この数値は実際に嗅いでみたときの強烈な臭いを裏付けるものでした。



8.しばらく測定しても数値は600を下回ることはありません。



9.次に、同じように蓋を押さえた状態でルミエキューブ入りの瓶を測定すると、180程度の数値が検出されました。嗅いで見れば正露丸であることは分かるけれども軽微な臭気です。



10.正露丸だけの時と同じようにしばらくそのまま保持していると、数値は150くらいのところで落ち着きました。




11.今度は測定方法を変えて、蓋を開けたままで測定してみました。
   蓋の開き加減によるあいまいさをなくすためです。




 



12.正露丸単体では蓋を開けた状態でも550前後の高い数値が検出されました。



13.センサーの数値をいったん通常レベルに下げようとして、なかなか下がらないことに気がつきました。
   正露丸の臭気が吸入パイプなどに定着しているようで、外気を吸入しながら5分以上かけてレベルを下げなければなりませんでした。



14.それからルミエキューブ入りの瓶を同じように開放で測定しました。



15.ルミエキューブ入りの瓶では正露丸の真上で測定しているにも関わらず、120程度の数値しか検出されません。
   ほとんど臭いは感じられませんでした。




16.そのまま測定を続けていると、110程度まで数値が下がりました。




17.瓶に蓋をしたまま一夜室内に放置し、翌朝測定してみました。
   吸収しきれなかった臭気が充満して、さぞ高い数値が出るかと思いきや、意外に低いままの数値が検出されました。



18.蓋を外した状態で測定すると110台まで下がりました。



19.念のためにルミエキューブを取り出して正露丸だけにし、測定し直すと数値は350程度まで上がりました。
   新しい正露丸の600には及びませんが、まだまだ強い臭気を発散している事が確認出来、実際に臭いもかなり強いものでした。
   一晩中ルミエキューブは正露丸の臭気を吸着し続けていたようです。




20.最後に、光触媒による分解機能を確認するために、ルミエキューブと正露丸を一緒に入れた瓶を、太陽光(紫外線)にしばらく当ててみることにしました。
   吸着した臭気の分解によりルミエキューブの吸着機能を復活させます。



21.5時間後、再度瓶の中の臭気を測定することとし、まず室内の臭気を測定しました。



22.それから正露丸とルミエキューブの入った瓶の臭気を想定しましたが、外気とそんなに変わらないような数値でした。



23.しばらく深い場所にパイプを入れて保持しましたが、それでも100までは上がりません。



24.蓋を開放して測定して見ましたが、あまり変わらない数値でした。



25.そこで念のため、再度正露丸自身がどの程度の臭気を出しているのかを確認するため、ルミエキューブを取り出し、センサーのレベルを外気程度まで下げました。



26.正露丸が臭気成分を出し尽くしていれば数値が低くなるのは当然ですが、ルミエキューブを取り出すとまだまだ高い数値が検出され、正露丸からの臭気は止まっていないことが確認出来ました。
   朝よりもむしろ高い数値になっているのは暖まったせいかも知れません。



27.開放状態でも360程度の臭気を検知するので、持続的に臭気を放散していると思われます。



結論.

以上の一連の臭いセンサーによる測定実験により、ルミエキューブの強力な吸着性能が確認出来、それはかなりの長時間有効であることも確認出来ました。

また、太陽光(紫外光)に数時間当てることにより、光触媒効果によってそれまでに吸着された臭い成分(シックハウスの原因物質であるホルムアルデヒドなどのVOCも含む)が分解され、ルミエキューブの吸着性能が再生することも確認出来ました。

シックハウス問題に関しては、厚生労働省が指針値を定めている13物質について、法的な規制があるのはホルムアルデヒドとクロルピリホスのみです。
また、指針値さえ定められていないVOCまで含めると13どころでなく、主なものだけで52種類に及びますが、光触媒による分解効果はほとんど全ての揮発性有機化合物(VOC)に有効であると考えられます。

漆喰から生まれたルミエキューブは単に臭いの問題を解決するだけでなく、健康という観点からも安全な室内空気環境の実現に貢献することができます。


ついにライミックスが教材になりました!
先日大学の授業で、ライミックスが扱われることになったのです。
授業とは、「Limix 商品開発ワークショップ」。
れっきとした講義で、新商品をいかにPRするか、がテーマです。
講義は3日間で、学生がライミックスと格闘しました。
実は当社スタッフも日替わりで参加してきました。

DSC00043.JPG

講義では学生が、ライミックスでどのような商品開発が可能か、いろいろと頭を悩ませていました。
下はある学生が自宅で四苦八苦して作成したライミックスの麻雀パイ。
手触りが優しいから、ということと、誰も思いつかないものを考えたかったのだそう。
実物を見せてもらいましたが、素晴らしい出来でした。
工作器具は100円ショップで揃えたとのこと!

DSC00044.JPG

講義の最後には、学生と先生合作のライミックスPR映像が完成し、こちらもまたすばらしい出来でした。
実は個人的にはあまり期待していなかった(失礼!)のですが、学生の発想力に驚いた3日間でした。


統括リーダーです。
またまたすっかりご無沙汰してしまいました。
今日もライミックス工場の不思議なものづくり風景を一つ。

DSC06349.JPG

一体なんでしょう?
これはLimix Cube、つまりライミックスを小さくカットしたものです。
もちろん、ただのサイコロではなく、
消臭機能を持ったすごいサイコロです。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.rakuten.co.jp/tagawasangyo/1820612/1821649/

ご存知の方は逆に、こんな風に作っているかと、驚かれるかもしれません。
大変手間のかかっている商品なのです。

さて、これを来年、ドイツのフランクフルトで開催される国際消費財見本市、アンビエンテに出展します。
http://ambiente.messefrankfurt.com/frankfurt/en/home.html
詳細は下をご覧頂くとして、一言で言えば、とってもクールな見本市。
http://sozocomm.jp/blog/ambiente/

このCubeをどのように展示したものか。。大変悩みます。
悩んだ末に、とりあえず積み上げてみました。。

DSC06390.JPG

いかがでしょうか?


Limixとガラスで遊ぼう。

まずガラスを叩き割る!!!

DSCF0024.JPG

気持ちいい。。

ガラスを購入する時のこと、
ガラスメーカーの方が、
「ガラスは運送が難しいんですよ。割れるといけないので。」
「いや、割れていいんですよ。」
「・・・」

こんなやり取りも気持ちいいですね。

そしてガラスをLimixにデザインしてみます。

DSCF0026.JPG

なかなかきれいです。
創作意欲をかきたてますね。

(統括リーダー)

統括リーダーです。
またまた前回から随分と経ってしまいましたが。。
簡易リフォームのその後です。

DSCF0017.JPG

簡易施工の割には、きれいな床に仕上がっています。
接着剤を使っていませんので、1枚単位で張り替えが可能です。
もう一枚。

DSCF0009.JPG

ライミックスは緑が映えます。
そして歩いてみると、ライミックスのやさしい歩行感に、自社製品ながら驚きます。

ライミックスで簡易リフォームをご希望の方、ぜひご一報ください!

前回からかなり間が空いてしまいましたが、
統括リーダーです。

今回はかねてより要望のありました、簡易施工についてです。

080806-1.jpg

「触感がすばらしい。」
「ライミックスをぜひ使いたい。」
「でもプロの業者でないと施工できないんでしょ?」
そんな声をたびたび聞きます。
そこで、有志により簡易施工を試みました。

080806-2.jpg

防水フェルトを敷き、並べるだけ。
端の部分に、少しだけ接着剤や硬質ウレタンボードを使用すれば、
あっという間に、真っ白な漆喰の床が出来上がりです!
まだまだテスト中ですので、またご報告したいと思いますが、
簡単であることだけは確認できました(笑)。

完成後の写真をまたアップしますので、お楽しみに。
できるだけ早く、パッケージとしてご提案できるよう、準備を進めます。
ご意見などございましたら、ぜひコメントの方、よろしくお願いいたします。


こんにちはテクニカルセンター長です。
今回ご紹介するライミックスはこちら!!
デザインデザインライミックスの最新モデルです。
・・・って、これ、なんだかわかりますか?
P1010012.JPG
正解は、ライミックスとシルクの布を一体成型したものです。
これが福岡県博多区祇園の和風レストランでご使用いただくことになりまして、現在施工中です。
あと、こちらの物件では木目調の凹凸を付けたライミックスも使っていただいております。
ベースがブラックでかなり渋い素材感を出しております。
完成がとても楽しみです。
P1010019.JPG

P1010018.JPG

こんにちわ、統括リーダーです。
先週、KBCが取材に来社しました。
アサデスという番組に、エコポとライミックスが取り上げられるようです。
放送は16日10時からとのこと。

DSCF0009-2.JPG

元気いっぱいの取材陣は、文字通り嵐のように来社し、嵐のように去っていきました。
その間、ライミックスに感激いただいたり、エコポをものの数分で仕上げたりと、取材も嵐の如く。
こちらとしては、びっくりしたり、感心したり。。

こちらはものづくりのプロを自認していますが、
やはりマスメディアのプロ。
まさに時流の荒波を突き進んでいる、といった感じです。

実際のところ、時には不快な場合もある取材ですが、
今回の皆さんは、時間に追われていても決して心配りは忘れず、
大変気持ちの良いものでした。
KBC「アサデス」取材の皆様、ありがとうございました。
そうした「心の余裕」にも、プロフェッショナルを感じた今回の取材でした。

16日10時を楽しみにしております。


こんにちは、統括リーダーです。
ライミックスは今まさに注目されていると感じています。

昨年のものづくり日本大賞に続き、先日、
九州ニュービジネス大賞の栄誉を受けました!
(080610NBC大賞.pdf、平成20年6月7日)

まずは評価、ご支持いただきました皆様、
また、事前の準備に気持ちよく取り組んで頂きました九州ニュービジネス協議会の皆様に深くお礼申し上げます。
そして、いつもライミックスを応援頂いています多くの方々にも深くお礼申し上げます。

DSCF0030-2.jpg

行平社長のブログにもあります通り、当初はアントレプレナー賞への応募でしたが、思いがけず大賞の栄誉を頂くことができました。

まだまだ発展途上のライミックスですが、将来性を評価いただいた結果だと受け止めていますので、
期待を裏切らないよう、がんばってまいりたいと思います。

と、つい肩に力が入ってしまいますが、ライミックスは何と言っても自然素材。
自然体で、ライミックスの魅力を伝えていきましょう。


こんにちは、統括リーダーです。
日曜日、ライミックス工場が稼動を始めて、初の結婚式がありました!
おめでとうございます!!

いつも白い粉にまみれているものづくり職人が、
この日は純白の花嫁と共に登場。。
友人のパフォーマンスもいいですが、
何と言っても子供やおばあちゃんとのやり取りが、やっぱり、いいものです。。
久しぶりに胸が熱くなりましたね。
料理もうまかったけど。

その結婚式に、やはり!登場したのが、ライミックス。
コースターと、消臭材プチルミエ。

DSC04225.JPG

コースターは和紙と蓄光石のコラボレーション。
写真ではちょっとわかりにくいですが、
キャンドルで、程よく光り、なかなかの趣がありました。

お二人、ご両家、ならびにご出席の皆様、そしてライミックスの発展を祈念致しまして、、
乾杯!